coco*coma*goma

日常の個々細々(coco*coma*goma)を きり絵&イラスト絵日記で綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抱っこ注意報!

半月にも及ぶロンバケも終了。
怪我も病気もせずに無事に過ごす事が出来ました

・・・・って、言いたいのですがぁぁぁ〜

実は、na.を国立成育医療センターの救急外来に1度連れて行きました。。。

東京2014-12

100%私の過失なのですが、抱っこをしながら携帯メールをしていたら、
ゴキッ
と目の前の景色がゆがみ、
ガゴンッッッ!!!
と目の前がアスファルト。私は両手を広げている状態。その瞬間
ギャッギャー!!!!!!
と、尋常じゃない鳴き声が。。。。

そう、私はna.を下敷きに倒れてしまったのです…。

とりあえず、抱っこ紐用の保冷シートを後頭部にあて急いで家に帰り、
近所の救急病院のM病院に電話。

状況を話すと、
「うちは小児科が無いので」と、H診療所の小児科を紹介してくれました。

H診療所に電話をすると、「それは外科でしょ。M病院に行きなさい。」と…。

仕方が無いのでM病院にもう一度電話をすると、明らかに困惑。
「それならG脳神経外科に行きますかぁ???電話番号いいますね。」
と。。。。。。

もう信用できず、co.の幼少時代にお世話になった救急病院に電話。
(本当は徒歩圏内の病院で行きたかったのですが。。。。)

そうしたら、「受け入れはもちろん可能ですが、万が一脳CTを撮る事になったら
国立成育医療センターに搬送という形になりますがいいですか?」と。

うぅ〜、そうしたら最初から国立成育医療センターに行こう!!!と電話をしたら、
「いつでも来て下さい」との事だったので、急いでタクシーで向かいました

結果は、意識もしっかりしてるし手足もキチンと動いてるし顔色も良し。
おっぱいを飲んでも吐いていないし機嫌が良い。目立った外傷も無し。
下敷きになったので念のために超音波で内出血の有無の確認をし、様子を見る事に。
(もちろん急変したら救急で受け入れ可能との事。)

もう、本当に何かあったら、悔やんでも悔やみきれない大失態
そして、病院を選ぶ迅速な判断力の無さに、後悔です。。。

何よりも、自分の注意力の無さ。子供を守る能力の低さを改めて反省。
って書けるのも、今、何事もなくna.がいるからなんですけどね。

けど、最近抱っこひも使用の際の危険性が話題になっているようです。
前抱っこをしながら自転車に乗ってる人もいるし、、、これってかなり危ないような?

キチンと守っていたら本当に役立つ育児グッズ。
でも使用方法を1歩間違ったら大怪我にも繋がる事を忘れないようにしていきたいです。

そして・・・・厚底靴もしばらくお別れします。。。

  1. 2014/09/01(月) 23:01:32|
  2. ★tokyo帰省2014★

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。